年次総会と春季会合

 

国際通貨基金・世界銀行年次総会とは

毎年秋、世界銀行グループと国際通貨基金(IMF)の総務会が年次総会を開催し、貧困削減、国際経済開発、金融に関する幅広い課題について議論を行います。年次総会は、国際協力のためのフォーラムとして、世界銀行と国際通貨基金が加盟国のための活動をいっそう展開できるよう支援する役割を果たします。

年次総会は、3年間のうち2年間はワシントンDCで開催され、両機関の国際的な特徴を反映するために、3年目に毎回別の加盟国で開催されます。総務会に加え、開発委員会と国際通貨金融委員会も開催されます。

こうした会合に加え、世界銀行と国際通貨基金は、両機関の職員、NGO、報道関係者、民間企業などと交流をはかるため、多くのフォーラムを開催します。年次総会が一般の皆様向けに、両機関の業務、目標、結果を直接あるいはメディアを通じてご紹介できるよう、効果的なフォーラムとしての場を可能な限り提供しています。年次総会では、公開性と透明性を確保するためのこうした努力を重ねています。

年次総会には約1万人が出席します。これには世界銀行と国際通貨基金の加盟国の代表団約3500名、報道関係者約1000人、民間企業、銀行、NGO関係者などのビジター参加者や特別参加者が含まれます。加えて、世界銀行と国際通貨基金の職員も政府代表団のメンバーとともに会合に参加します。

春季会合

毎年春、世界銀行・IMF合同、およびIMFの国際通貨金融委員会が開催され、両機関の業務の進捗状況を議論します。両機関の総務会の全体セッションは、毎年秋の年次総会の期間中のみ開催されます。

会合スケジュール

過去の会合日程はこちら(英語)